第7回チェルシーフリンジハイライト


今年のチェルシーフリンジ参加投稿の一部を紹介します
ロンドン、サテライト(ヘンリーオンテームズ、ブラックネル フォレスト、クランブルーク、ケント、エクスター、コーンウオール、シシリー、フローレンス、長久手<日本>)
5月19日~5月27日

orthopaedic shoes), pack up their sarnies in their old kit bags (to dodge pricey food stalls), and keep upper lips stiffer than, well, a very stiff thing. A pox on that! The Chelsea Fringe really is different (have we mentioned that before?). This festival is too full of joy and delight to talk about surviving. The people taking part, whether gardeners, experts in something fascinating, artists or performers, are thrilled to be sharing their passions. All visitors have to do is design their perfect day…and dive in. So, presuming you already know all you need to about pac-a-macs and not drinking too much beer before lunchtime, here is our Thrival Guide to Chelsea Fringe 2018. Our website is mobile-friendly but why not have a look and download our map here the night before so you can make your journey count. You can print it out too, remembering that lots more events have signed up since we put it together. You can compost or recycle the map afterwards. We’re green and eco and love public transport. Boris Bikes – the actual thing and the app (aka Santander Cycles) – are terribly easy to use; Citymapper will help plan your journey on London Transport; there’s also Tuber – which we like for obvious reasons (dahlias, potatoes, you get the picture) – has a great visual representation of the fastest route between two stops on anything TFL-ish except buses. Kids? Take lots of them – but pick out the events that sound the most fun and participative. We want to programme the next generation of gardeners not alienate them completely! Have a damned good breakfast so that you don’t have to lug a picnic around (unless you want to, of course). Popeye swore by, and probably at, spinach. So why not whizz up a glorious green semi-seasonal smoothie: one banana, big handful of spinach, a blob of nut butter and enough of whatever milk you like best to make it drinkable. Keep it seasonal with a bowl of rhubarb porridge too. Pack light: a couple of spare carrier bags in case you spot any juicy plants to buy; spare mobile battery, so that your phone doesn’t conk out on you halfway through the day; small change to spend at our community gardens (you will need plastic at our posh galleries, obvs); a notebook. Our festival is designed to get visitors doing stuff. What do they call it these days? Immersive! So be prepared to do and learn stuff. Ask questions, get horticultural tips – and share yours too. But only pull weeds if you’re ABSOLUTELY SURE those leaves are not something rather more special. Do you love what our event organisers are doing? Then don’t be British (soz for the national stereotyping!) – tell them! Just like the Chelsea Fringe, they’re generally volunteers or certainly underpaid, work on very low budgets and often garden against the odds. If you see a donation pot, don’t feel forced to give – but whatever you give will help them to keep on going. Tell other people how much you love the Fringe too. You can always ask if an event uses social media and tag them in your pictures. Tag us too – lots! We love sharing top tips and must-sees, funny moments, glorious gorgeous full-colour fringey-ness. It all helps to spread the love. Two things, though: ask before you move a plant label to get it into shot; and no pics of kids without their parents’ permission.

今年のチェルシーフリンジ参加投稿の一部を紹介します。

トップページは「ホウレンソウの朝食、その他:Chelsea Fringeでの成功の仕方
Harriot Lane Fox’s(ハリオットレーンフォックス)の究極の成功ガイド」と言う投稿です。
もっとたくさんの投稿がありますが二ページ目に、その一部をご紹介しています。

Chelseafringeの全部をご覧になりたい方は、http://www.chelseafringe.com/event/butterfly-house-la-casa-delle-farfalle/2018-05-19/ 等をご覧ください


orthopaedic shoes), pack up their sarnies in their old kit bags (to dodge pricey food stalls), and keep upper lips stiffer than, well, a very stiff thing. A pox on that! The Chelsea Fringe really is different (have we mentioned that before?). This festival is too full of joy and delight to talk about surviving. The people taking part, whether gardeners, experts in something fascinating, artists or performers, are thrilled to be sharing their passions. All visitors have to do is design their perfect day…and dive in. So, presuming you already know all you need to about pac-a-macs and not drinking too much beer before lunchtime, here is our Thrival Guide to Chelsea Fringe 2018. Our website is mobile-friendly but why not have a look and download our map here the night before so you can make your journey count. You can print it out too, remembering that lots more events have signed up since we put it together. You can compost or recycle the map afterwards. We’re green and eco and love public transport. Boris Bikes – the actual thing and the app (aka Santander Cycles) – are terribly easy to use; Citymapper will help plan your journey on London Transport; there’s also Tuber – which we like for obvious reasons (dahlias, potatoes, you get the picture) – has a great visual representation of the fastest route between two stops on anything TFL-ish except buses. Kids? Take lots of them – but pick out the events that sound the most fun and participative. We want to programme the next generation of gardeners not alienate them completely! Have a damned good breakfast so that you don’t have to lug a picnic around (unless you want to, of course). Popeye swore by, and probably at, spinach. So why not whizz up a glorious green semi-seasonal smoothie: one banana, big handful of spinach, a blob of nut butter and enough of whatever milk you like best to make it drinkable. Keep it seasonal with a bowl of rhubarb porridge too. Pack light: a couple of spare carrier bags in case you spot any juicy plants to buy; spare mobile battery, so that your phone doesn’t conk out on you halfway through the day; small change to spend at our community gardens (you will need plastic at our posh galleries, obvs); a notebook. Our festival is designed to get visitors doing stuff. What do they call it these days? Immersive! So be prepared to do and learn stuff. Ask questions, get horticultural tips – and share yours too. But only pull weeds if you’re ABSOLUTELY SURE those leaves are not something rather more special. Do you love what our event organisers are doing? Then don’t be British (soz for the national stereotyping!) – tell them! Just like the Chelsea Fringe, they’re generally volunteers or certainly underpaid, work on very low budgets and often garden against the odds. If you see a donation pot, don’t feel forced to give – but whatever you give will help them to keep on going. Tell other people how much you love the Fringe too. You can always ask if an event uses social media and tag them in your pictures. Tag us too – lots! We love sharing top tips and must-sees, funny moments, glorious gorgeous full-colour fringey-ness. It all helps to spread the love. Two things, though: ask before you move a plant label to get it into shot; and no pics of kids without their parents’ permission.

「サバイバル」は、ほとんどのショーやフェスティバルが目指すところです。

ショッピングセンターの「パディントン・セントラル」は、「パディントン・パイオニア」というボートをワイルドフラワーや芝生で飾られたフローティング・フローラル・オアシスに変え、最新の到着を発表することを大変光栄に思っています。 浮かぶ野原では、春にかけて緑色の指でポップアップ、ワークショップ、会話が行われ、今シーズン必見の都会のサンクチュアリです。リトル・ヴェネツィアに本拠を置くClifton Nurseriesは、季節の植物の活気に満ちた活気のある展示で船を飾っています。 グランドユニオン運河(Grand Union Canal)にドッキングされ、地元の労働者や住民は、春までに種をまき、育て、栄えあがるよう促されます。 エレガントなフレームレス構造で建てられ、グランドユニオン運河沿いの夜間の散策に最適なインスタレーションです。The Floating Meadowの詳細および様々なイベントは、Paddington Centralのウェブサイトでご覧いただけます。お待ちしております。

アーティストAntonio Labrunaはカターニアの植物園のためのこのインスタレーションをデザインしました。 彫刻:「愛している白鳥」、「黒鳥」、「白鳥」は、植物や庭の植生と完全に共存しているように見えます。 それらのすべては細い線の絡み合いで作られています。カタニアの植物園のために設計されたこの特別なインスタレーションで、アーティストは「愛する白鳥」、「白鳥」、「白鳥」を創造しました。植物や植物の完全な共生に見える彫刻 細い線の絡み合いから庭が生まれる。

5月18日〜20日の第1回アーバンツリーフェスティバルを祝うアーティスト、Xanthe Mosleyはグリニッジパークの木々、像、興味のある場所を毎日描いています。彼女はこれらの図をマッピングしました.TiCL Appを使用してParkを探索し、描いた図を見つけることができます。ウェブリンクは図面の地図で、TiCL Appは公園をナビゲートし、彼女が描いた視点を見つけるのに役立ちます。アーティストの目を通して公園を見て探索します

これは、ロンドンの偉大な樹木の地図であり、ツリー役員、樹木監視員、樹木の専門家および一般のメンバーによって過去4年間に更新および編集されています。 TiCL Appは、外出したときに近くの木を見つけるのに役立ちます。 ハッピーツリーハンティング!

コヴェント・ガーデンは、ギャビン・ジョーンズと永遠の慈善団体と密接に協力している概念的な花のインスタレーションである「反射の瞬間」を発表することを喜ばしく思います。 チェルシーフリンジフェスティバル期間中、東広場にあるこの庭園は、花、ハーブ、フルーツの木を取り入れ、ベルンハルトの苗圃から提供された英国の植物栽培の楽園を提供します。チェルシーフリンジフェスティバルと併せて、コベントガーデンは5月19日(詳細はこちら)から始まる「Bloom in Covent Garden」を祝う予定です。 ジョー・マローン・ロンドン、ミラー・ハリス、バルタザール、花のテーマ製品、植物由来の独特のカクテルやフレンチやヘンリエッタなどの最高級の飲食店からの花のディスプレイをサポートするコヴェント・ガーデンの向こう50軒以上のショップやレストランがあります。

Walthamstow Wetlandsは211ヘクタールの自然保護区で、ロンドン中心部から15分に位置しています。豊富な野生生物と豊かな産業遺産を持つこのサイトは現在、ヨーロッパ最大の都市湿地に再開発され、150年ぶりに広範囲に公開されました。チェルシーフリンジフェスティバルを祝うために、ウォルタムストー湿地には地元の職人によるPOP-UPコレクションがあります。 コラボレーターには、Borrowed Light Floral Studio、Local Honey Man、Willow Weavers、Jacques Nimkiなどがあり、住民の動植物の幻想的な展示を作成するために地元の素材を再利用します。Walthamstow湿地の重要な保守的価値についてすべてを学びながら、楽しいひとときをお過ごしください。 ビクトリア線のBlackhorse Road地下鉄駅から徒歩わずか10分、フリンジの間、Botanical Sculpture Trailが毎日オープンします。

Ortigiaのシラクーサにある私たちの冬の庭園では、数多くの多様な種の何百もの熱帯性蝶が自由に飛びかいます。 この魅力的な庭園と蝶々の美しさは、「蝶の家」の中心です。ゲストは蝶の蝶の誕生に出席できます。クラス、観光客のグループ、大人、十代の若者、子供、または単に情熱的な訪問者であろうと、あなたは本当にユニークな経験を生きて私たちとあなたの訪問を計画することができます。自然の中で自由に暮らすことができ、自然の中で暮らすことができます。

ユニークな種子爆弾ダンスは、パトモア、サヴォナ、キャリーガーデンの各地の地元住民が週に1回集まって、地元の環境にどのように影響し、蜂を育て、ミツバチや昆虫を引き付けることができるかを学ぶことに発展しました。 小規模の栽培スペースが敷地内に作られています。 庭師の1人、ロレーヌ・ロバーツは、プロの振付家です。 彼女は踊りと園芸を融合させ、より多くの人々が地域の繁栄空間を育成するよう奨励するビジョンを共有します。 この参加型ダイナミックイベントは、ガーデニングと創造性を楽しく魅力的な方法で組み合わせています。 午後3時に到着し、午後4時のパフォーマンスに参加したい場合は手順を習得してくださいユニークな種子爆弾ダンスは、パトモア、サヴォナ、キャリーガーデンの各地の地元住民が週に1回集まって、地元の環境にどのように影響し、蜂を育て、ミツバチや昆虫を引き付けることができるかを学ぶことに発展しました。 小規模の栽培スペースが敷地内に作られています。 庭師の1人、ロレーヌ・ロバーツは、プロの振付家です。 彼女は踊りと園芸を融合させ、より多くの人々が地域の繁栄空間を育成するよう奨励するビジョンを共有します。 この参加型ダイナミックイベントは、ガーデニングと創造性を楽しく魅力的な方法で組み合わせています。 午後3時に到着し、午後4時のパフォーマンスに参加したい場合は手順を習得してください

国際的な野生動物ガイドで生態学者Simon Ginnawが加わって、太陽が沈む頃Doddington Place Gardens周辺ヘ、小さなグループを導きます。 鳥の特定と行動生態学の専門知識を持つサイモンは、鳥類の鳴き声の複雑さを解明し、コウモリ探知機を装備し、庭の周りに住むいくつかのコウモリを見たり聞いたりします。

毛布、食べ物を持って、家族や友人を連れて、エデンガーデンチームやワイルドシティの地元アーティストに参加して、庭園や野生の花に触発されてアート作品を作るピクニックに参加しましょう。 進化するワイルドガーデンギャラリーにあなたの作品を加えて、偉大な野外で作品を作ってみましょう。これは無料のコミュニティイベントであり、誰もが大歓迎です

レストラン「I Sette tornanti」の庭園のために作られたこのインスタレーションでは、アーティストは「象」を作りました。細い鉄線の織物から生まれた彫刻は、庭の植物やシチリアの典型的な環境と完全に共生しています。

422/5000 サンドハーストガーデニングクラブのボランティアは花、ハーブ、野菜の鉢植えを実演します。 子供と大人が参加することができ、鉢植えの鉢が贈られます。 あなたはいつでも参加することができ、経験豊富なチームにガーデニングの質問をするデモンストレーションやチャンスがたくさんあります。抽選で完成した植木鉢が当たります。 飲み物無料

モルタルを使用せずに石の壁を建てる「手作業」以外の経験ロンドンのドライストーンウォーリング学校での教育と訓練。これらのワークショップは、登録されたウォーラー(John Holt)が運営しています。ワークショップの終わりには、DSWの遺産や用語を理解し、さまざまな石の形や使い方を区別します。すべての材料、器具、工具、目の保護具、手袋、個人施設、幅広い説明書/パンフレット、「参加証書」など、ワークショップは無料で提供しています。適切な緩やかなフィット感のある屋外服を着用し、丈夫で安全な履物を着用し、必要に応じて個人的な栄養と飲み物を用意してください。すべてのトレーナーはドライストーンウォーリング協会の認証を受けています。これらの実用的で屋外のワークショップは、DIY愛好家、ランドスケープガーデナー/デザイナー、面白い屋外活動を探している人にとってインスピレーションです。 16歳以上のすべての人に適しています チェルシーフリンジのための拠点はドッグ島のマッスルート公園&農園で - チケットの予約はこちらから

初めてのアーバン・ツリー・フェスティバル、ツリー、または偽の一部ですか?あなたは、木々と自然に関するフィブスの事実を知っていると考えていますか?これは楽しいインタラクティブなウォークショップ(Walkshop)です。公園の "氷河期の木の散歩道"に沿って興味深い樹木の事実を知ることができます。すべての参加者には、ユニークな自分でつくる樹木識別ガイドとイベントを通して使用される学習ジャーナルを差し上げます。 宝物を探して、グループと分かち合い、木や自然についてどれだけ知っているか発見してください。これまでの知識は必要ありません。すべての年齢層と偉大な家族の午後に適しています。ウォークショップは公園内で行われますが、地面に凹凸がある部分がありますので、準備してください。 アーバンツリーフェスティバルでは、5月1日までのクラウドファンディングキャンペーンが開催され、チケットの価格を低く抑えるために資金を集めています。クラウドファンダリストのキャンペーンに10ポンドを誓約することで、このイベントのチケットを確保できます。これはあなたにチケットを確保するだけでなく、Trees for Citiesは£1,500の目標を達成するまで、すべての約束を払う資金として、さらに£10をもたらします。 約束をして特定のチケットを選択すると、5月1日以降に航空券を購入する必要がないので、それを認識します。  5月1日以降に予約する場合は、こちらから予約チケットをご購入ください(予約料金が適用されます)。同行の子供たちは無料で来ます。

 
Chelseafringe(チェルシーフリンジ)
ロンドン、サテライト(ヘンリーオンテームズ、ブラックネル フォレスト、クランブルーク、ケント、エクスター、コーンウオール、シシリー、フローレンス、長久手<日本>)
http://www.chelseafringe.com/