はたけんぼ他


 NPO法人「くにたち農園の会」では、田畑や古民家を拠点とした子育て支援事業を拡大。
くにたちはてけんぼ


 新型コロナウィルスによる小中学校一斉休校を受け、子どもたちの居場所作りの活動が広がっている。

「くにたち農園の会」が休校中の子どもの居場所づくり 自主的取り組み広がる

 NPO法人「くにたち農園の会」では、田畑や古民家を拠点とした子育て支援事業を拡大。月曜から土曜まで、子育て古民家「つちのこや」、コミュニティー農園「くにたちはたけんぼ」(以上、国立市谷保)などで屋外活動や自主学習を行う。

[広告]
 副理事の菅井さんは「2月28日の休校要請を受け、翌日に緊急会議を開き、翌週火曜からの休校に備えた。終わりが見えないこともあり、無理はせず、普段の活動から持続可能な仕組みを考えた」と話す。

 臨時事業として月曜・木曜に「おるすばんクラブ」(9時~13時)を開設。併せて、放課後クラブ「ニコニコ」(月曜・水曜・木曜の14時30分~17時30分)、地域子育て支援拠点事業「つちのこひろば」(火曜・水曜・金曜・土曜の10時~15時)も、受け入れ対象を拡大した。

 参加する児童の保護者は「学校ではできるだけ自宅待機と言われているが、数日家にいただけで日照不足を感じた。子どもには遊びが必要。安心して遊べる環境がありがたい」と話す。

 「一斉休校が決まり、真っ先に地域の子どもたちの顔が浮かんだ。地域の中にいるあの子のためから始まった対応だが、受け入れ人数には限りがある。本当は学校を再開してほしい」と菅井さん。利用者はホームぺージから申し込む。「つちのこひろば」「おるすばんクラブ」は無料、「放課後クラブニコニコ」は1回1,000円。

 他にも、「探求型学習塾べーすくーる」(国分寺市光町1)が3月2日~25日、臨時学童(無料)を開設するなど、地域での自主的な動きが広がっている。[おするばんクラブ(ご報告)]

私たちNPO法人「くにたち農園の会」では、小中学校一斉臨時休校を受け、子ども達の居場所「おるすばんクラブ」(毎週、月・木の朝9:00-13:00)が始まりました。

開催場所の「くにたちはたけんぼ」は、もちろんどこもかしこもオープンエアで、特別な遊具はありませんが、子ども達は休耕中の田んぼと麦畑を中心に、勉強や読書をする子は、トタンの屋根のある東屋の下で過ごしています。

– – – – –

焚火のお世話をする子、絵しりとりをする子、麦踏みをしながら鬼ごっこをする子、座って眺めている子、ダンボール工作でチャンバラをする子、数珠玉の実を集めてマラカスを作る子、モンシロチョウを追いかける子…。
子ども達は「田んぼと畑」しかない「はたけんぼ」ならではの過ごし方を見つけて、のびのびと過ごしています。

学校も学年も違う名前も知らないお友だちと、遊びを作ったりルールを考えたり、子ども達がそれぞれに見つける「おるすばんの時間」は、無限大です。このような光景を見ると、コロナで暗中模索の私たち大人にとっては、まぶしくたくましく、希望の光に見えます。

– – – – –

私たちは「おるすばんクラブ」が、週に数時間でも、子どもに体も心ものびのびと自由な時間を過ごさせてあげたいと思った時の「選択肢」の一つになればと思っています。

13:00以降の14:30〜17:30は「放課後クラブニコニコ」(有料)への参加も可能です。

●NPO法人くにたち農園の会の「休校中の対応」について、詳しくは以下をご覧ください。

【国立市立の小中学校臨時休業への対応について】

– – – – –

また、この活動に関してご寄付もいただいており、早速、ダンボール工作で使うガムテープやマジックなどの材料を購入をさせていただきました。
みなさまのご理解とご協力、ご厚意なくしては、この活動も行うことができません。この場をお借りして感謝いたします。どうもありがとうございます!

そして、少しでも早く、大人も子どもも安心して過ごせる日常生活が戻ってきますよう、心から願っています

休校中、公園行ってもOK 文科省見解「症状なければ」 朝日新聞社 2020/03/11 07:00
大企業に入れる一握りのエリートといえど一寸先は闇だ40代で「定年」も、韓国企業の実態
サントリー本社ビルに掲示されているロゴ=9日、大阪市北区45歳以上の転職者、復職制度を導入へ
休校要請後、休日も人影がまばらな公園=新潟市© 朝日新聞社 休校要請後、休日も人影がまばらな公園=新潟市
 政府の休校要請を受け、自宅などで過ごしている子どもたちについて、文部科学省が「屋外での運動や散歩を妨げるものではない」とする見解を、全国の教育委員会などに示した。「子どもが公園に行ってもいいのか」などの問い合わせが相次いだためという。

 文科省は安倍晋三首相が一斉休校を表明した翌日の2月28日以降、考え方を各教育委員会などに伝え、Q&A形式で公開している。3月9日には「臨時休業でも、児童生徒が外出したら効果がないのではないか」という問いの答えを更新。風邪の症状があったり、風通しの悪い空間で密集する場所に出かけたりするのでなければ、「屋外で適度な運動をしたり散歩をしたりすること等について妨げるものではなく、感染リスクを極力減らしながら適切な行動をとっていただくことが重要」とした。

 当初は「実効性を担保するため、基本的に自宅で過ごすよう指導をお願いしています」との文面だったが、文科省へ問い合わせが相次いだ。地方議員らを通じ、子どもが出歩いていることを疑問視するような見方も伝えられたという。健康教育・食育課の担当者は「もともと散歩や公園に行くことを制限しているつもりはなく、いったん整理しておこうと考えた」と話す。


 

くにたちはてけんぼ
国立市谷保661