里山の中の現代アート


里山の中の現代アート



やがてキノコが生え自然に還る

岐阜県立国際園芸アカデミーとぎふ清流里山公園の協働として、3月18日に里山らしい現代アートづくりをしました。この現代アート作品はぎふ清流里山公園が日本昭和村という名前だった頃から数えると5作目になります。今回は新型コロナウイルスの関係で公園内のすべてのイベントが中止となったため、市民参加型でなく、公園スタッフとともにワークショップをいたしました。今回のタイトルは「キノコの本棚」。組み立てた本棚からシイタケが育つ、時間を感じさせる現代アートです。1年半ぐらいすると本棚からシイタケが生え、やがて自然に還ります。設置場所はどうぶつ牧場の橋を渡らず、左手に200mほど行った東屋付近になります(前の作品も同じ場所に設置)。


「キノコの本棚」全景

「キノコの本棚」全景

やがてキノコが生え自然に還る

やがてキノコが生え自然に還る

現代アート「キノコの本棚」

現代アート「キノコの本棚」

接合部分拡大

接合部分拡大